home20230708

アフィリエイトの基礎知識を徹底解説

建設・建築業、サービス業を中心に普及が続いているファクタリング。売掛金を現金化できるこのサービスは、一般的には耳慣れない手法でイメージがしづらいのが難点です。

実はこのファクタリング、上手く活用することで事業拡大や財務体質改善に繋げられる手法であることはご存じでしょうか。

本サイトでは、ファクタリングのさまざまな疑問を解説すると同時に、さまざまな観点からファクタリングがどういう状況で有効なのか?といった活用法も紹介。

資金調達手法のひとつとして使い方を身につけ、経営改善に役立てていきましょう。

ここに見出しテキストを追加

個人でもご利用することができる現金調達サービスをご紹介いたします。

  • 先払い買取サービスのおすすめ業者と仕組みを解説
  • ギフト券買取サービスのおすすめ業者と仕組みを解説
  • 後払いアプリ現金化のおすすめ業者と仕組みを解説
  • ファクタリング(事業者向け)のおすすめ業者と仕組みを解説

アフィリエイトの比較

ファクタリング会社を選ぶ際に重要となる手数料やご利用限度額、資金調達までのスピードなどを総合的に比較を致しました。

総合的におすすめのファクタリング会社をランキング形式で比較いたしました。

最終更新日:2023年7月7日

化粧品のアフィリエイト

お勧め度 ★★★★★

化粧品のアフィリエイトの特徴

来店不要、小口買取可能という特徴があるファクタリング会社です。
スピードに優れている為、お手元の売掛金を瞬時に現金化することができます。

ご利用限度額下限なし~5,000万円迄
資金調達スピード最短即日
手数料5%~20%
取扱いファクタリング2社間・3社間
ご利用対象者法人・個人事業主
対応地域全国対応

化粧品のアフィリエイト

お勧め度 ★★★★★

化粧品のアフィリエイトの特徴

来店不要、小口買取可能という特徴があるファクタリング会社です。
スピードに優れている為、お手元の売掛金を瞬時に現金化することができます。

ご利用限度額下限なし~5,000万円迄
資金調達スピード最短即日
手数料5%~20%
取扱いファクタリング2社間・3社間
ご利用対象者法人・個人事業主
対応地域全国対応

化粧品のアフィリエイト

お勧め度 ★★★★★

化粧品のアフィリエイトの特徴

来店不要、小口買取可能という特徴があるファクタリング会社です。
スピードに優れている為、お手元の売掛金を瞬時に現金化することができます。

ご利用限度額下限なし~5,000万円迄
資金調達スピード最短即日
手数料5%~20%
取扱いファクタリング2社間・3社間
ご利用対象者法人・個人事業主
対応地域全国対応

化粧品のアフィリエイト

お勧め度 ★★★★★

化粧品のアフィリエイトの特徴

来店不要、小口買取可能という特徴があるファクタリング会社です。
スピードに優れている為、お手元の売掛金を瞬時に現金化することができます。

ご利用限度額下限なし~5,000万円迄
資金調達スピード最短即日
手数料5%~20%
取扱いファクタリング2社間・3社間
ご利用対象者法人・個人事業主
対応地域全国対応

化粧品のアフィリエイト

お勧め度 ★★★★★

化粧品のアフィリエイトの特徴

来店不要、小口買取可能という特徴があるファクタリング会社です。
スピードに優れている為、お手元の売掛金を瞬時に現金化することができます。

ご利用限度額下限なし~5,000万円迄
資金調達スピード最短即日
手数料5%~20%
取扱いファクタリング2社間・3社間
ご利用対象者法人・個人事業主
対応地域全国対応

アフィリエイトとは?どんな特徴があるの?

ファクタリングとは「売掛金(債権)」を専門業者に売却することで、本来の入金日よりも早く現金化できるというサービス。

債権とは、請求書・契約書・領収書といった「サービス・商品を提供したことの証明&代金を受け取る権利」のことを指します。

融資や出資とは異なる性質を持つ

もう理解できた方もいると思いますが、このように、資金調達においてもっともポピュラーな「融資」「出資」とは根本的に違います。

ファクタリングは、法的には不良在庫や日常で本などを売るのと同じ「デットファイナンス」に属する資金調達手法。

債権という流動性の高い「資産」を売って現金に変えているのです。

したがって、「入金スピード」や「審査の緩さ」は融資や出資よりもかなり早くなります。

短期的なキャッシュフロー改善にとても強い

前述のとおり、入金スピードや審査の緩さから、短期的なキャッシュフロー改善が有効な状況にとても強いといえます。

人件費の先払いによる一時的な資金繰り悪化、大きな案件に備えた設備投資など、将来的に改善が見込める状況では利用していくべきでしょう。

しかし、逆に「売掛金の前払い」が大きなメリットをもたらさない状況、たとえば先行き不透明な場合などは一旦ほかの手段も検討すべきであるといえます。

中小企業庁が奨励する資金調達手法、法的にはクリーン

ここまでファクタリングがどのようなもので、どういった状況に強いのかをざっと説明しました。

ただ、中にはこう考えている人もいるのではないでしょうか。

  • 「売掛金を現金化するなんて、クリーンな手法には思えない」
  • 「相当追い詰められた時に手を出すべきものなのではないか?」

確かに、待っていれば手に入る売掛金をわざわざ外部の業者に売却するというのは、一見グレーな行為に見えるかもしれません。

ですが、実はこのファクタリング、「中小企業庁が利用を奨励している」資金調達手法なのです。

<風評被害の防止>
・売掛債権の利用について、売掛先(取引先)等から資金繰りが厳しいのかと言われ、利用により風評被害が発生することが心配、との声が聞かれます。
・売掛債権の利用促進は国の施策です。本制度の普及、利用促進にご協力下さい。

<債権譲渡禁止特約の解除>
・本保証制度の利用に当たり、取引にかかる契約に売掛債権の譲渡を禁止する特約がついていると、中小企業者は売掛債権を担保として譲渡し、融資を受けることができません。
・国や地方公共団体では、既に、債権譲渡禁止特約の解除を進めています。
・中小企業者との物品及びサービスの取引に当たり、債権譲渡禁止特約の解除にご協力下さい。

このように、中小企業庁はファクタリングについて「どんどん利用してほしい」と表明しています。

それどころか、「譲渡禁止特約が結ばれていると、債権を使った資金調達ができなくなるからなるべくしないでほしい」とさえ述べていますね。

売掛債権をどんどん現金化することでキャッシュフローがよくなり、結果として倒産を免れる会社も出てくるわけですから、国にとってもわざわざ禁止するメリットがないのです。

また、これは経営者ならよく知る「手形割引」の上位互換ともいえる存在です。

今までは、手形割引が普及しすぎていたために結果としてファクタリングの普及の妨げになっていましたが、現在ではファクタリングも認知度が高まり、利用率は向上してきています。

このような特徴を持つ「ファクタリング」ですが、実は目的にあわせていくつか種類が分かれています。

アフィリエイトとは?どんな特徴があるの?

ファクタリングとは「売掛金(債権)」を専門業者に売却することで、本来の入金日よりも早く現金化できるというサービス。

債権とは、請求書・契約書・領収書といった「サービス・商品を提供したことの証明&代金を受け取る権利」のことを指します。

融資や出資とは異なる性質を持つ

もう理解できた方もいると思いますが、このように、資金調達においてもっともポピュラーな「融資」「出資」とは根本的に違います。

ファクタリングは、法的には不良在庫や日常で本などを売るのと同じ「デットファイナンス」に属する資金調達手法。

債権という流動性の高い「資産」を売って現金に変えているのです。

したがって、「入金スピード」や「審査の緩さ」は融資や出資よりもかなり早くなります。

短期的なキャッシュフロー改善にとても強い

前述のとおり、入金スピードや審査の緩さから、短期的なキャッシュフロー改善が有効な状況にとても強いといえます。

人件費の先払いによる一時的な資金繰り悪化、大きな案件に備えた設備投資など、将来的に改善が見込める状況では利用していくべきでしょう。

しかし、逆に「売掛金の前払い」が大きなメリットをもたらさない状況、たとえば先行き不透明な場合などは一旦ほかの手段も検討すべきであるといえます。

中小企業庁が奨励する資金調達手法、法的にはクリーン

ここまでファクタリングがどのようなもので、どういった状況に強いのかをざっと説明しました。

ただ、中にはこう考えている人もいるのではないでしょうか。

  • 「売掛金を現金化するなんて、クリーンな手法には思えない」
  • 「相当追い詰められた時に手を出すべきものなのではないか?」

確かに、待っていれば手に入る売掛金をわざわざ外部の業者に売却するというのは、一見グレーな行為に見えるかもしれません。

ですが、実はこのファクタリング、「中小企業庁が利用を奨励している」資金調達手法なのです。

<風評被害の防止>
・売掛債権の利用について、売掛先(取引先)等から資金繰りが厳しいのかと言われ、利用により風評被害が発生することが心配、との声が聞かれます。
・売掛債権の利用促進は国の施策です。本制度の普及、利用促進にご協力下さい。

<債権譲渡禁止特約の解除>
・本保証制度の利用に当たり、取引にかかる契約に売掛債権の譲渡を禁止する特約がついていると、中小企業者は売掛債権を担保として譲渡し、融資を受けることができません。
・国や地方公共団体では、既に、債権譲渡禁止特約の解除を進めています。
・中小企業者との物品及びサービスの取引に当たり、債権譲渡禁止特約の解除にご協力下さい。

このように、中小企業庁はファクタリングについて「どんどん利用してほしい」と表明しています。

それどころか、「譲渡禁止特約が結ばれていると、債権を使った資金調達ができなくなるからなるべくしないでほしい」とさえ述べていますね。

売掛債権をどんどん現金化することでキャッシュフローがよくなり、結果として倒産を免れる会社も出てくるわけですから、国にとってもわざわざ禁止するメリットがないのです。

また、これは経営者ならよく知る「手形割引」の上位互換ともいえる存在です。

今までは、手形割引が普及しすぎていたために結果としてファクタリングの普及の妨げになっていましたが、現在ではファクタリングも認知度が高まり、利用率は向上してきています。

このような特徴を持つ「ファクタリング」ですが、実は目的にあわせていくつか種類が分かれています。